スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年度版【Endless SHOCK】

shock_out - コピー


今年のSHOCK最高!と毎年言ってる私達・・・
植草さんの出演で、新たな「Endless SHOCK」になっていましたね。

あまり、得意では無いですが、振り返ってみました。


1幕

わくわくどきどき・・・
初日観劇が初めてという事もありますが、何で私が緊張してるのと思いながら
席に着きました。

いつものように過去のシーンを振り返る映像から始まります。そして、オケピが
上がってくるとキラキラ衣装じゃない振り返らないあれ?あれ?状態から、
もしかして?と顔が笑顔に変わり、心で「やったね!光ちゃん!」と叫びました。

いつか、生オケになる!と確信していたから、ほんとに嬉しかったです。

ひし形に開いて、光ちゃん始めキャストが大階段にスタンバイ
階段の中断くらいから下りてきて、Jazzっぽくアレンジされた♪CONTINUE♪を
歌い踊るコウイチ!♪白いはね~うしなっても~♪(両手を上下に鳥が飛んでる
ような振り付け)と♪おおぞらがうつくしい♪(足がぴょこぴょこ・・・)の振り付けが
可愛くてにこにことしてました。光ちゃんだから可愛いんですけどね。(すみません・・・)

そして、ようこそ帝国劇場へ・・・の挨拶
大階段を上がっていって、客席に手を差し出す・・・この差し出した先から、
ウエクサオーナーが♪CONTINUE♪を歌いながらオケピから登場します。
ここでも、どきどきしてました。そして、当然のように大きな拍手・・・

コウイチの事を「磨けば磨くほど輝きが増す原石」の台詞にうんうんと頷いていました

【劇場のバックステージ】
そして、そして目が輝いたのが、千穐楽に乾杯!の時の新曲です!
♪Yes, We Can! (新曲: 堂本光一作詞、中條美沙さん作曲)♪
光ちゃんの作詞の情報が入って、嬉しさが倍増・・・
楽しくて、楽しくて何で動いちゃいけないの?と心で愚痴ってました。
だって、みんなが楽しそうに歌って踊ってましたからね。
とにかく、大好きです

ここでのお笑い箇所は、オーナーとマチダのモップふきふきシーンでしたね。
始めは、モップとほうきを両手に持ってオーナーの後ろでマチダが同じ動きを
していたのが3月の終わり頃は、オーナーがマチダに悪戯するようになってました。
(他の方のレポを読んでくださいね。)

【劇場の屋上】
♪New York Night♪の歌も大好きです。
リカとのハーモニーも始めはぎこちなかったけど、綺麗にハモるようになって、
声質が歴代のリカ役の中で一番合ってる?と思いながら聞いていました。

コウイチの心の中を聞き出すオーナーとの会話が入って、ストーリーがより
解り易くなったと感じました。

そして、アドリブ満載の屋上シーンでしたね。
といっても、始めは別に台詞だけだったんです。オーナーの酔っ払いの芝居が
上手くて、それで笑いを取っていただけでした。

それが、こんな所も進化させたのか笑ってもらえる事が楽しくなったのか
2月公演での一番のツボは、2月22日(日)昼の600回公演かな
オーナーが両手を使って、頭の上で3時を作ってきたのは良いけど、9時になっていて、
ずっとアドリブとして使われてました。

そして、出てきた動物が「象」、「カエル」、「マナティ」、「アヒル」、「ニワトリ」、「ねずみ」、
「犬」、「カマキリ」、「カニ」、「タツノオトシゴ」、「サル」etc.(皆さんのレポより)
そして、オーナーが被り物を用意するようになったのは、怪我が発覚した以降のように
思いますと・・・(友達談)
ここでのツボはコウイチの銅像かな光ちゃんの素の笑顔が見られたんじゃないでしょうか

【Broadwayの裏の路地】
ここのダンスも好きなんですよね~
下手から先頭に立って、顔が右に左に動いて、スキップする所が

そして、ここでのアドリブも屋上からの延長でした。うつぼが追いかけてきたり、
タツノオトシゴの時もありました。そして、変身する時計に、素敵な時計・・・ホットケイ!
とか、言って恥ずかしがる所が可愛かった・・・

ナオキの打楽器に合わせてコウイチから鼻歌が出てきて、リカに「その曲、素敵!」と
言われて歌い出す♪CONTINUE♪ここの振り付けが変わっていましたね。
♪It's A Wonderful Day♪は、いつも圧巻です。

ヤラとの間にズレが生じてきます・・・
オーナーに「どうするんだ?」と聞かれ、「あいつらが行きたいと言うなら付いて行きます!」
の台詞。コウイチ自身は?光ちゃんと同じで「立たせて貰えるんであれば・・・」しか
思い浮かびませんね。光ちゃんの言う事は、一貫していますからね。

【World Adventure】
幕が開き、ゴールドの衣装です。相変わらずお似合いです
今頃、こんな事言うと「遅い!もっと、早く教えて!」と言われそうですが・・・

終わり頃になって気づいた事なんですが、ダンサーさんと向き合った瞬間に、
上手(ダンサーさんの向こう側)を見てめっちゃ、笑ってたんです。どこ見て、
笑ってるのと気になってしょうがありませんでした。

犯人は、植草さん
客席向くとコウイチに戻ってました。
歌は、♪AMERICA♪ここのダンスが去年から振り付けが変わって、可愛いです

♪Jungle♪
ロープからフワッ!と客席向いたまま下ります。芸術ですね

♪Tap♪
オーナーが勝手にステージ出てしまうという演出ですが、流石、少年隊ですね。
クリアな音だなあと思ってました。

♪Love and Loneliness♪
誰もが、うっとりと見とれてますよね。ガン見のお客さんが一番多いような気がします。
私は、タップの時のコウイチをガン見していました。ある日(2月の始めの頃)、痛!と
いう顔をしたので、それからは、特に気になってました。

【神殿】
衣装がふわふわ花びらな感じの白い衣装に代わり、綺麗に回れば、花びらの部分が
広がって・・・と誰もが想像したと思いますが、残念でしたね・・・

以下、相当辛口です。
特に後半は、酷いものです!やる気あんのか!と思ってました。
去年の方が慣れていない分、一所懸命で不安はあったものの今年のような事は
少なかったと思います。

綺麗に回ったら拍手しようと構えて、光ちゃんが手を離した瞬間に手を叩き始めたけど・・・
止まってしまうわ、ロープが足に絡まるわで拍手を止めるしかありませんでした。

見せ場なんだよ!!!
「相当痛いですよ!とGロケさんに言われたけど、やる!」と言って、やってるんだよ!!!
それに、他にもどんだけ過酷な事をやってるか解ってるよね!まさか、自分しかいない!と
勘違いしていないよね!

JAEさんとかに変えて欲しいとマジで思いました・・・


すみませんでした・・・。
気を取り直します・・・

【バックステージ】
鏡が増えて、お花や電報?とかも置いてありました。
台詞が交代していたり、ヤラに「俺の立ち位置を、ヤラ!お前がやれば良いだろ!」が
加わったりして、コウイチの怒りが増しているように感じました。オーナーに対しても
「そうやって、逃げ出したんでしょう!」と怒りをぶつけますからね。イライラ感と言った方が
良いのかな?

【Japanesque Show】
「この戦いを終わらせる為にも死ぬな!必ず生きて帰れ!」
この台詞は、反則です・・・

殺陣は、何も言う事ありません・・・。
ここまで殺陣が綺麗で早い人はいませんよ。
演技なのか?ふらふら、くたくた感に「おりゃー!」の気合がリアル過ぎ・・・。

そして、マチダが刀を渡す役・・・
「頼むな!」と一言だけ言われたと言う町田・・・。
あなたの演技が素晴らしくて、涙の量が増えてしまいました。

刀を差し出すのでは無く、ヤラ自ら刀を取らせる演出に変更され「来い!」「さぁ!」と
微笑みながら詰め寄るコウイチ・・・
一度見たら怖すぎて、双眼鏡で見る事ができませんでした

屋良、町田、めぐみさんの表情を見たかったんだけどね・・・

2幕

【死への招待】
ここは、shockingでしたね・・・。あんまり、好きなシーンではありませんでした。
これを持ってくると、ここからは全てオーナーの回想シーンになってしまいますからね。
良く解らなかったです。

♪In The Cemetery♪
ダンサーさん達が、ゾンビとなって出てきます。さすがですね。そりゃあ、プロですけど
動きが細かい・・・後半は、ダンサーさんの動きを見てました。

【シェイクスピア・シアター】
★ハムレット
衣装がワイン色に変わっていました。
出演者に合わせて、台詞をほとんど光ちゃんが言ってました。
「お前が殺したはずの俺は・・・」が「殺されたはずの俺は生きている」
に変わってました。

★リチャード三世
ヤラのリチャードが去年とは別人でした。
抑揚をつけて、語りかけるように、膝まづいての台詞・・・
「私をその気にさせたのは、あなたのその美しさだ!」
良く研究してきましたね。凄く良かったです。

★ロミオとジュリエット
今回、この場面の台詞回しが始めの方と、終わりの方では微妙に変えていました。
より、自然な感じになっていったんです。そして、ジュリエットがロミオに重なる所
ですが、綺麗でしたね。
このシーンも今までのロミジュリの中で一番好きでした。

【ウエクサの劇場のバックステージ】
オーナーがピアノの所で居眠りしていて、コウイチの夢を見るという語りから始まり、
目が覚めて去年から歌われるようになった、♪戻れない日々♪・・・
きゅんきゅん・・・
植草さんとのハーモニーが良かったですね。
ダンスも揃ってるのも演出、揃ってないのも演出だと思ってます。
今年は、現役引退してるオーナーですからね。

そして、オーナーもコウイチが息を引きとった事を知ってました。
オーナーの後を追って、リカ出て行った後・・・

掃除道具入れのカートがごろごろ・・・(今年もMさんでした。)
「ただいま~!!!」「しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん♪」「だいごろう~!」
「ちゃ~ん!」これが解る人は、年がばれる・・・とか、言われましたけど、
あなたが何故知ってるの?ですよね(笑)

お化けが出るから「こ わ い~~」とぶるぶると可愛い30歳!
「おとうさ~ん」と上手にはけると「おかあさ~ん」と下手にはける可愛い30歳!
「だいごろう?」と言われて、どこどこ?とぐるぐる回る30歳!
「わいどーうつぼ?」と言われて、帰れ!サシバ!のポーズをやってしまった事も・・・

そして、出てきたマチダの演技・・・
「よかったあ~~~」と床に頭をゴツン!と打った事もありました。
「何か出てきそう」「息をした方がいいぞ」とか言われてました。

オーナーも出てきて、♪THE LADY IS A TRAMP♪と♪Reunion♪・・・
最後の方になると、4人で輪になって中心に「わっ!」とか言ってましたよね。
何で、最後の方にならないと言わないのか?不思議なんですが・・・。

ステッキと踊る光ちゃんが好きだから、このダンスも好きです。
「ヤラは、コウイチの病院に毎日通ってた」の台詞が入り、ヤラの持ってる優しさを
出してきましたね。

【ヤラのショーのステージ】
♪Watch me!♪のダンスがすっかり変わっていました。
屋良が振り付けたのかな?

【バックステージ】
♪Why don't you dance with me?♪
私がM・A・Dの演技に泣かされるシーンです。
マチダ、ヨネハナに煽られ、悔しがります。声が聞こえない分、演技がしっかりして
いないと、必至さが伝わりませんよね。ヤラが踊り始めると、自分たちも楽しそうに
踊り始めて、どうだ!と演技だけで言ってます。何故か、ここで泣かされるんです。

【告白シーン】
ここのヤラも変わりました。
こんなに台詞の強弱で変わるんだ!とほんとにびっくりしました。
静かに、柔らかく、ヤラの弱さが表現できていたと思います。

そして、途中から全体の照明から下手、上手からのピンポイント照明に変更され、
その中での演技なので必然的にみんなが一直線に並んでました。

今年もやっぱり、涙、涙、でした

オーナーとアイコンタクト取った後、「俺たちが育ったあの劇場でおもいっきりやろう!」
になりました。

♪What 10 wanna say♪
この時のダンスも少し変ってました。
記者会見で、後ろに下がった時の会話がきになる~
日に寄って、話し相手が違ってました。

【It's A New World On The Earth】
ナオキさんのソロは無くなっていました。
★リボン Flying
どれだけ鍛えてれば、あんなに綺麗な姿勢で飛べるんでしょうね。

★コウイチVSナオキ2009
リボンフライングの後の大太鼓です。
カッコ良い~!の言葉しかでません。
とにかく、DVDを見て下さい!
そして、今年のも見たいので、DVDを出してくれるように要望しましょう。

★Ladder Flying
2階に立つ事を2年間ぐらいかかって、実現させてくれた光ちゃんです。ほんとに
スタッフさんとの息が合わないとあんなにフワッ!と舞い降りれないですよね。

簡単にやってるように見えてるけど、1本吊りですからね。ちょっと、ブレが生じると
コントロールできなくなるはずなんです。凄い技なんですよね。

リボンフライングの時とこの時は、大きな拍手を送りましょうね。

★マスク
ゴールドの衣装に変わり、コウイチは仮面を変えません。後ろのダンサーさんが紅白
のお面をセンスを使って、くるくると変えてました。それが、早くてお~って感じです。

大きな傘を持ったコウイチと「下限の月」で使った傘が出てきてました。
「和」です。

♪夜の海♪
去年までの衣装を500名にって、光ちゃんが№1を持ってますけどね。プレゼントされて、
どんな衣装か気になってたら、赤は同じでラメが増えてました。

桜が散りはじめ、倒れるコウイチに涙、涙、涙・・・

【大桜】
桜の名所は?
帝国劇場でしょ!
by光ちゃん

綺麗でしたね。

♪CONTINUE♪
白の衣装です。
フレアーっぽくなっていて、光ちゃんしか似合わないと又痛いファンですみません。

みんなを迎える時のかすかな笑顔が優しくて、やり遂げた笑顔ですよね。

2月の時は、世界的に不況でクローズする劇場がある中で皆さんのそういった拍手が
再演へと導いてくれていると感じてる。毎年立たせて頂けて幸せです。

菊田一夫大賞受賞の喜び、600回を超えた事、帝国劇場の単独主演の記録を更新できた
事等の報告とお礼の言葉を述べていました。

記録の為にやってきた訳では無いですが・・・の言葉もありました。

光ちゃん、今年もありがとう
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

pingpong

Author:pingpong
光ちゃんのソロ活動
応援ブログへようこそ!

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。